アフィリエイトで稼ぐことは大変でポイントサイトとどっちがいのか?

キャッシュフローと不労所得の関係性!

始めにこのサイトの不労所得に関しての知識は以下のサイトを参考につくっている。不労所得についてより詳しい見解を参考にしたい場合はそちらを同じく見て頂けるとさらに知識が深まるはずである。

 

 

不労所得経済は戦後五○年を経て、人口の高齢化や労働観の変化、さらには冷戦後の国際的環境が大きさなかく揺れ動くうねりの最中に、バブルの破裂と戦後最長かといわれる不況、そして未曽有の円高の直撃を受けるなど、大きな曲り角に立っている。経営者も中間管理職も、はたまた若き企業人も、この難局に活路を求めて、米国企業の活性化の鍵となったといわれる「リエンジニアリング」に注目し、何らかの解とヒントを模索するのは無理もない。「リエンジニアリング」が経済界の話題を独占したがごとき今日の現象にはこうした背景がある。

 

 

在宅ワークマニュアルは、今日、卓越した指導力と目覚ましい経営成果によって全米経営者の注目と敬意の対象となっているGEジャック・在宅ワーク支持者会長と彼の「GEリエンジニアリング」に関するきわめて赤裸々な生々しい企業改革の実録である。在宅ワークマニュアルのもつ意義は「訳者あとがき」で小林規一さんが述べているように、単にGEという一ニート企業の再生物語の範囲に止まらない。当然、抜本的な経営改革や、企業体質の変革を志し、そのための効果的かつ具体的施策を模索する不労所得企業人にきわめて多くの示唆を与えるであろう。私はまず、この本を通して流れる在宅ワーク支持者会長の強烈な「変革の意志」に深い感銘と、ある種の驚きさえ覚える。彼の経営信念の中核には生産性がある。生産性が低く、また生産性を上げる能力と意志のない企業には社会的な存在意義はなく、そこで働く従業員は不幸であると彼は考える。この点について彼には何の迷いも見えない。@、ハウンダリレス(境界のないこと)を企業行動すべてのルールとする、A世界の変化に負けないスピードを重視する、B一見無理と思える目標で社貝の能力をストレッチする。

 

 

これらGE経営の三つの基本方針も、三大経営指標に据える、顧客満足度、従業員満足度、キャッシュフロー(利益よりもキャッシュフローを業績の真の尺度として重視しているのは興味深い)もすべては生産性極大化と結びついている。そして、これを可能にするために彼自身が特に重視し、自らが直接心血を注ぐのが組織内での価値の共有と、それを可能にするコミュニケーション、加えてトップによる繰り返し繰り返しの価値観の布教である。ワークアウト(言○異‐○具)はトヅプと現場を直結し価値観を共有するためのGE特有の仕掛けであるが、そうした場での在宅ワーク支持者会長自身のまさに身を挺してといえるほどの真蟄な態度と、あくなきまでの価値観徹底を目指す行動は、凄まじいばかりである。

 

 

「価値観を共有できぬ者はGEを去れ。」ここまで自信をもって言い切れる経営者がはたして何人いることだろう。参画分野でナンバー1、ナン識ハー2でない、また、そうなる見込みのない事業は撤退するか売却するかという事業の参入/撤退基準も明快そのものだ。もちろん誰もが無条件で在宅ワーク支持者流経営を支持はしまい。「同じ考えの者だけを残し、一位、二位以下の事業を切り捨てていれば生産性が上がるのは当たり前、しかし事はそう簡単には行かぬのだ」、あるいは「とりわけ、大量のレイオフをどう考えているのだ。GEのリストラも結局はメガ級人貝整理で生産性が上がったからではないか」といった意見は当然あるであろう。事実、GEは在宅ワーク支持者会長就任の一九八一年時は四八万人の従業員がいたが、このうち三○万人が一○年間のうちに転職またはレイオフの対象となり、その間の新規事業取得や新規採用を加えても、ネットで一○万人を超える人員削減をしてきた。ある不労所得ビジネス誌との対談でこう答えている。「退職手当、転職の世話は手厚く、また手を尽くした。それでも職を失った人の感情を傷つけたことに間違いない。

 

 

健全な企業は社会のためになる」と。雇用調整の是非、その程度、そしてその方法は、これからの何年かにわたり多くの不労所得企業が経営改革にとって間違いなく中心的課題であり、そして悩みである。在宅ワークマニュアルの著者ティシー教授も不労所得語版用に書き下した「不労所得企業変革のためのハンドブック」の中で「GEが行ったような人員削減は不労所得企業の場合には当てはまるまい」といってはいる。が、はたして雇用調整抜きでどこまで改革の名にふさわしい成果を出せるか。

 

エンジニアリンク

 

不労所得的リエンジニアリングの成否を左右する大きな鍵である。それにしても人員削減は経営者の仕事の中で最も難しく、やりたくないことと述懐する在宅ワーク支持者会長だが、なおそれをやってのける決断の背後には「生産性の高い健全な企業のみが社会での市民権をもつ」という堅固な信念がある。当面リエンジニアリング、あるいはリストラクチャリングに迫られる不労所得企業の現実的目標の解は、強まる「株主優遇、利益率向上の圧力」と、特に今日では企業最大の社会的責任と広く考えられている「雇用維持」の間で、厳しい、しかも一見歯切れの悪い選択を行うしかない。さらに、この不労所得的選択も、歯切れが悪いからといって決して容易ではない。従業員や経営者、あるぃは取引先にもかなりの苦痛を強いることは不可避であり、といって株主に対する利益還元も最低水準ギリギリの場合が多いであろう。

 

 

 

まさに、わが国の経営者がいかなる理念と信念のもとに、この難関を乗り切るかが注目されるところといえる。そしてそれは対外的装飾品としてではなく、あくまでも組織構成員が共有できる価値観としてのみ、その意義を問われるものでなくてはならない。現実との妥協もこの場合、共有価値の一つとなりうることは言をまたない。この難しい選択と、それを乗り越えて新しい経営のパラダイムを構築するうえで、在宅ワーク支持者会長がこの一○年GEで行った施策と彼自身の言動は、強いリーダーシップの発揮と、いかにして組織を共有価値を中心に、目的に向かって動かしていくかという観点から、国境や企業の個々の事情を超えて、いわば骨太の適応性を有している。在宅ワークマニュアルに豊富に包含されたメッセージは、不況脱出とか、ダウンサイジングといった経営の特定の局面に係わるものではなく、企業という組織の推進力である、構成貝による共通価値観の共有と、その不断の活性化を可能にするためのリーダーと社員のあり方に関するものであるとの観点を我々は忘れてはなるまい。多くのことが学べるであろう.『日経ビジネス』の一九九四年二月二一日号は述べている.「不労所得企業はいままでGEの経営手法を手本にしてきたが、在宅ワーク支持者会長は不労所得から彼の企業革命についての洞察を得たのだ。不労所得企業が一九九○年代の不況という行き詰まりに直面している今こそ、不労所得はGEの変革戦略から教訓を学べきである。

 

在宅ワークの不労所得

 

 

不労所得経済は戦後五○年を経て、人口の高齢化や労働観の変化、さらには冷戦後の国際的環境が大きさなかく揺れ動くうねりの最中に、バブルの破裂と戦後最長かといわれる不況、そして未曽有の円高の直撃を受けるなど、大きな曲り角に立っている。経営者も中間管理職も、はたまた若き企業人も、この難局に活路を求めて、米国企業の活性化の鍵となったといわれる「リエンジニアリング」に注目し、何らかの解とヒントを模索するのは無理もない。「リエンジニアリング」が経済界の話題を独占したがごとき今日の現象にはこうした背景がある。

 

 

 

在宅ワークマニュアルは、今日、卓越した指導力と目覚ましい経営成果によって全米経営者の注目と敬意の対象となっているGEジャック・在宅ワーク支持者会長と彼の「GEリエンジニアリング」に関するきわめて赤裸々な生々しい企業改革の実録である。在宅ワークマニュアルのもつ意義は「訳者あとがき」で小林規一さんが述べているように、単にGEという一ニート企業の再生物語の範囲に止まらない。当然、抜本的な経営改革や、企業体質の変革を志し、そのための効果的かつ具体的施策を模索する不労所得企業人にきわめて多くの示唆を与えるであろう。私はまず、この本を通して流れる在宅ワーク支持者会長の強烈な「変革の意志」に深い感銘と、ある種の驚きさえ覚える。彼の経営信念の中核には生産性がある。生産性が低く、また生産性を上げる能力と意志のない企業には社会的な存在意義はなく、そこで働く従業員は不幸であると彼は考える。